FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器


FRPボート、V型アルミボート
 
ほとんどのボートは船舶免許や船検が必要ですが、中には不要なものもあります。
やっぱりバサーなら一度は憧れますよね〜。
もし購入をお考えのかたがいらっしゃいましたら、手続き等いろいろアドバイス出来ると思いますので、お気軽に相談してください!

所有者 ボート画像 説明
shimo 船体:スナガ ブラックバス1400
船外機:マーキュリー50馬力(2スト)
トレーラー:トレールライト
魚探:EAGLE・フィッシュマーク480(フロント)、HONDEX・HE570(リア)
エレキ:ミンコタ・マクサムEDGE55ポンド(無段階変速)
その他:ライブウェル、電動チルト、ロッドストレージ等

コメント:牽引免許不要、14ftのバスボートです。
自宅の駐車場に置くことや、維持費等を考えるとこれがギリギリのサイズです。
霞ヶ浦のような広大なフィールドでは非力ですが、桧原湖クラスなら充分です。
全開でスピードメーターは60km近くを表示します。
たっくんさん 船体:マーキュリーWIZARD WV-335L
船外機:トーハツ9.8馬力(2スト)
トレーラー:BLAST TRAIL-11(軽ナンバー)
魚探:HONDEX・HE510
エレキ:モーターガイド・EF-36(5段階変速)
その他:ライブウェル(クーラーBOX改造)、ビルジポンプ

コメント:H20.12に管理人が格安で売却しました。
軽自動車で引っ張れる手軽さが魅力のボートです。
フロントを1cm削って全長を333cmとしているため(全長×0.9で3m未満となる)、2馬力までなら船舶免許不要となります。
また、5馬力未満だと船検も不要になるみたいです。
KANIさん 船体:クイントレックス エクスプローラー E-12
船外機:シープロ9.9馬力(2スト)
魚探:
エレキ:ミンコタ・マクサム44ポンド(無段階変速)
その他:ライブウェル(クーラーBOX改造)

コメント:セミVなのでカートップしやすく、また水上での安定感もあります。
カートップボートでは最強の1艇なのではないでしょうか。
結構重量があるので、トレーラー導入を検討中とのことです。
塩原のぷりんさん 船体:LOWE1256V(シーニンフOEM)
船外機:ジョンソン10馬力(2スト)→シープロ9.8馬力(2スト)
トレーラー:BLAST TRAIL-10(軽ナンバー)
魚探:
エレキ:モーターガイド・FW-54Vデジタル(無段階変速)
その他:

コメント:H17年に管理人が売却しました。
リベット艇特有の軽さと乗り心地の良さで、同クラス最速のボートです。
Vハルボート定番中の定番ですね。
Mさん 船体:ポーラークラフトV1060
船外機:マーキュリー5馬力(2スト)
魚探:HONDEX
エレキ:モーターガイド
その他:

コメント:Vハル最軽量の46kg!カートップ楽勝のボートです。
長さ的には10ftと短いですが、幅が1.5mと12ft並みの広さを備えています。
少々値段は高いですが、それだけの価値があるボートです。
清貴さん 船体:マーキュリーWIZARDジャビル WJ-386D-MU
船外機:マーキュリー30馬力
トレーラー:SOREX BOAT-14FWB
魚探:
エレキ:
その他:

コメント:独自のIキールにより、横滑りの少ない高い走破性と安定性の両立を高いレベルで実現したアルミボートの究極形です。
ライブウェル、ビルジポンプ標準装備で、トーナメンター御用達のボートです。
Nyapa×2さん 船体:クイントレックス10F
船外機:マーキュリー4馬力
トレーラー:軽ナンバートレーラー
魚探:HONDEX HE-6100
エレキ:ミンコタ・36AT
その他:埋め込みライブウェル

コメント:今は絶版となったクイントの10フィートVハルボート。
4馬力船外機と組み合わせることで船検不要の財布にやさしいボートです。
のりさん 船体:ポパイ・SPOOK
船外機:ホンダ9.9馬力(4スト)
トレーラー:ポパイオリジナル・スウィングジャック
エレキ:モーターガイド
その他:埋め込みライブウェル、ハイデッキ仕様

コメント:ポパイ製・FRPの12フィートボート。
アルミボートの快適さと、FRPボートの安定性を兼ね備えたボートです。
マナブさん
船体:クイントレックス エクスプローラー E-12
エレキ:ミンコタ・エンドゥーラ
その他:

コメント:トップ仕様のエクスプローラーです。
12ftでハンドコン仕様だと、デッキも広く使えて効率的ですね。




ジョンボート、その他スモールボート
 
カートップ、もしくは車内に積み込めるお手軽なボートです。
フローターや手漕ぎゴムボートと比べると、機動力や快適性に優れており、世界が変わります。
3.3m以内でしたら船舶免許も不要です。(2馬力以内)
中古なら大分値段も落ちてきているので、購入してみてはいかがでしょうか!

所有者 ボート画像 説明
まーくん
船体:マーキュリーWIZARD WP-300CR
魚探:EAGLE・CUDA168
エレキ:モーターガイド・F43(5段階変速)
その他:フロントデッキ

コメント:WIZARDのニューモデル。
サイドハル高が41cmあり、10ftクラスのジョンボートの中では最も安心出来るボートです。
色も個性的で、他とはひと味違うジョンボートです。
とも父さん 船体:J-ONE E-1000
魚探:EAGLE・フィッシュマーク320
エレキ:モーターガイド・EF-46
その他:フルフラットデッキ(レッド)、リバーシブルドーリー

コメント:H20.12にたっくんさんから購入。
ジョンボート最軽量の27kgという驚くべき軽さで人気のボートです。
ウチのメンバー内でも数名が所有しています。
野池からリザーバーまでどこでも出せる手軽さが良いですね。
初心者から上級者まで楽しめる1艇です!
てつおさん 船体:クイントレックスP12
船外機:5馬力(2スト)
魚探:HONDEX
エレキ:モーターガイド・EF-54(5段階変速)
その他:ライブウェル(クーラーBOX改造)、

コメント:2人乗りでゆったりと釣りをするならこれ。
12ftなので、お互いを気にすることなく釣りを楽しめます。
ただし、12ftは船舶免許が必要なので要注意。
ナベさん
船体:J-ONE E-1000
魚探:EAGLE・フィッシュマーク480
エレキ:ミンコタ・マクサム44ポンド
その他:フラットデッキ

コメント:E-1000とマクサム44の組み合わせは最強です。
船体の軽さとマクサムの燃費の良さで、バッテリーの残量を気にすることなく釣りに集中出来ます。
ぶんきちさん
船体:J-ONE E-1000
魚探:HONDEX HE-510
エレキ:ミンコタ・マクサム44ポンド
その他:リバーシブルドーリー

コメント:ぶんきちさんのE-1000は、デッキも無いので準備が速いです。
車からボートを降ろしたら、エレキを付ければ準備完了。
野池でもスロープが無いリザーバーでもどこでも浮けるボートです。
へたれさん
船体:マーキュリーWIZARD WP-330V
船外機:マーキュリー2馬力(2スト)
魚探:HONDEX
エレキ:ミンコタ・マクサム44ポンド
その他:フラットデッキ

コメント:H19年にKANIさんから購入。
リアからの波の打ち込みを最小限に抑えるために考えたトランサムの高さやパントタイプながらリブの設計による高い強度の11ftボート。
船舶免許不要ジョンボートの中では最強でしょう。
asazouさん
船体:BANDIT 1044U
魚探:
エレキ:モーターガイド・EF-43(5段階変速)
その他:ハイバックシート、ドーリー

コメント:H20年11月にmattさんから購入。
T沼最強バサーであるasazouさんもついにジョンボート購入。
T沼スペシャルボートとカスタムされていくことでしょう。
ときちゃんさん
船体:サウザー・JW11
魚探:HONDEX
エレキ:モーターガイド・EF-54V(無段階変速)
その他:自作フルフラットデッキ

コメント:サウザーのジョンワイドタイプです。
船舶免許不要MAXサイズのジョンボートで安定性もあり、今最も注目されているジョンボートではないでしょうか!
Taisyoさん 船体:シーニンフ・JD-10
エレキ:モーターガイド・ハンドコン


コメント:
gonさん
船体:RYOBI ボートエース(8ft)
魚探:HONDEX・HE520
エレキ:エビンルード36ポンド
その他:自作エレキマウント

コメント:ジョンボートほど大きくなくて、フロートボートより広い。
野池で1人で浮くには最強のボートです。
gonさんはワゴン車のトランクに入れて運んでます。
値段も安いですし、オススメの1艇です。
Mさん
まーくん
asazouさん



船体:カーメイト・フロートボートZ-1

コメント:やっぱり手軽で運び易いボートの代表格といったらこのボートでしょう。
カートップすることなく車の中に収納出来、準備も簡単です。
人それぞれ、フットコン仕様にしてみたりバウデッキを付けてみたりと、アレンジも自由自在です。
アルミボートにステップアップしてもこのボートだけは手放さないという人がほとんどです。
とも父さん 船体:H型フロートボート
魚探:EAGLE・フィッシュマーク320
エレキ:ミンコタ・エンドゥーラ36ポンド(ハンド)

コメント:これは果たしてフローターなのか、ボートなのか。
足ひれを付けるのでフローターと分類されるのかな。
抵抗の少ないその船体は、ハンドコン仕様とすることで驚異的なスピードを産み出します。
世の中には船外機付とかいますけど、現実的にはこれが究極のフローターでしょうね。




ゴムボート、フローター
 
気軽に浮けるアイテムといえば、やっぱりゴムボート、フローターでしょう。
フットコン仕様にしてみたり、アレンジも自由自在で、初心者から上級者まで楽しめる乗り物ですね!

所有者 ボート画像 説明
キャナピーさん
船体:オカモト MA-330
船外機:スズキ2馬力(2スト)
魚探:ハミンバード
エレキ:モーターガイド・F36(5段階変速)
その他:自作フロントデッキ

コメント:究極のゴムボート。
けんさん 船体:オカモト
魚探:ハミンバード
エレキ:モーターガイド・F36(5段階変速)
その他:自作フロントデッキ

コメント:
P助さん 船体:ジョイクラフトKE4-OR
魚探:
エレキ:モーターガイド・F36(5段階変速)、ミンコタ・エンデューラ30
その他:

コメント:
SOUさん
よっぱぱさん